LIKHA・わかば・カシグラハンのワークショップが目指すもの

ソルト・パヤタスは、1995年1月に発足した団体です。自然界に何気無くあり、だけど生き物にとってかけがえのない「塩」のような存在を目指したい、ということで「ソルト」の名前となりました。「地の塩、世の光」は、マタイ福音書にもある言葉です。

Salt Payatas is founded in1995 by Emiko Ogawa, former breau chief. “Salt” is befittingly named after the nature and virtue of salt, though common enough, but very important for all beings and creatures. “the salt of the earth” is the word in “the Gospel according to St. Matthew” also.

ソルトは、貧困状態にある人が自らの価値を再発見し、自信をもって機会を獲得し貧困から脱出することを目指して、パヤタス住民の支援活動、日本人の現地体験活動を通した支援をしてきました。1名から年中受付をするスタツアはかなり珍しいです。20年以上、住民との交流に力を注いできた結果、住民が堂々と活動紹介をする姿に触れることで当事者の力を実感できるとても魅力的な体験活動を提供しています。

Salt’s mission: To empower the people in the poverty through their realizing improvement of their life with confidence and hope.Furthrmore, to provide people opportunites and to enhance capacities that will enable them to address poverty issues, Salt works in collaboration with the schools, the communities, the organizations. And it works towards a more transparent and just society.

Salt’s study tour is so attractive because you can see and realize live demonstrations in Payatas and Kasiglahan. 20 years’ activity empower residents and they introduce the activity in an affirmative way by theirselves.

LIKHAは刺しゅうのワークショップによる女性支援活動、パヤタスのわかば図書館とカシグラハンの図書館はコミュニティと連携して子供支援活動をおこなっています。日本からの支援に依存するのではなく、当事者の手で、自立した市民自治を目指して活動しています。

LIKHA empowers women through needlework workshop. Their stichworks are so fancy. And Wakaba library in Payatas and Kasiglahan library empower children. They are cooperate with their community and strive for the realization of citizen autonomy in the method of independence of Japanese aid.

 

LIKHA刺しゅうワークショップ作業所外観
わかば図書館外観
LIKHAの刺しゅう製品。オリジナルデザインです!
わかばのワークショップで子供達が描いた絵

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする