崩落から18年が過ぎたパヤタスごみ処分場。

ついに処分場は閉鎖されました。ごみを運び込むトラックなどが登ることはなくなり、古い方の山は緑に包まれています。酷かった臭いはずいぶんと薄らいでいました。

Finally, Quecon city shut down Payatas’s  dump-site. Now no trucks climbs  there and the air is better because the effluvium grow less. We, study tour members wen t to Payatas landslide memorial monument and pray silently, then the resident talked  about the slide vividly.

ごみ山の崩落をきっかけに、パイナップルの刺しゅうと手すき和紙のカードから始まったLIKHAの活動。作業所の名前は、タガログ語で「創造」を表します。日本のNGOによる職業訓練からスタートした住民の活動は、今は独立した団体としての活動に進化し、当事者による住民のエンパワメントに取り組んでいます。

Salt started vocational traning project at a time of landslide, at first the residents made the Japanese paper card with pineapple stich. Now the residents are on their feet and the workshop is now named LIKHA, that means “creative” in Tagalog. The residents who joined vocational traning before now have workshops by their own for the other residents and try to create self-sustaining business through stichiworks.

ごみ山に登り、腰をかがめて、換金可能なものを探す作業は、環境的にも姿勢の上でも身体に悪く、子供を連れて行くことができません。LIKHAの刺しゅうは、ごみの山に登ることなく、作業所はもちろん、家でも学校でも行うことができ、家族もお手伝いすることができます。黙々と針を進める作業は、瞑想のように心を安定する効果もあるそうです。今回の訪問は土曜日で、作業所は休日でしたので、2年前の3月の写真ですが、ご紹介します。

The picking up the reusable waste work is sooo hard because the circumstance (on the garbage mountain, bad smell, shaky ground, poor sanitation), maintaining a crouching posture, and they cannot go working with thier children.

When the residents start the stichwork, they don’t have to climb up the dump-site and can work at of course the workshop, in addition, at home, school, and the family member can help the work also. When they do the stichwork they concentrate their attention to thier stich, sometimes that makes them very calm like a meditation.

This time we visit the workshop on Saturday so LIKHA has a holiday. Here’s photographs in March 2016.

 

刺しゅうに取り組んでいます
熟練の技で正確に模様を縫い出します。
ブックカバーなど、ミシンも使います。オーダーメイドで頼むと、布や糸の色も選べます
在庫管理の様子です
文字もデザイン。素敵な時計がいっぱい!
布やデザインとの相性をみて、糸も厳選します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です